ゲームウォッチ

 

「任天堂が発売した、携帯用液晶ゲーム機」
今からしたら、白黒の棒人間のようなものが、左右にしか動かなくて、上から落ちてくる球を拾ったりするだけのゲームだから、すぐに飽きてしまうかもしれません。
でも、私が小さな時は、テレビゲームもないし、携帯なんてあるわけがない。
ボードゲームをやっていた子供たちには、機械で遊ぶゲームなんて夢のようで、しかもコンパクトで持ち運びができるから、憧れでした。
ゲームウォッチが欲しくて欲しくて、親にお願いして、ようやく手に入れた時はとても嬉しかったです。
今みたいに、1つの機械に色んなゲームが入るわけではないので、1つの機械でできるのは1種類だけ。
ゲームだって、段階が3つくらいでしょうか?どんどん動きが早くなる程度。
それでもみんな夢中になって遊んでいました。
ゲームウォッチのボタンが取れそうになるまで使いました。
すぐにクリアできるから、ゲームを何時間もするということはなかったですが、それでも楽しくて、毎日遊んでいました。
ゲームの種類によって、いくつかゲームウォッチが出ていたんだと思います。
何個かのゲームウォッチをもっていました。
手軽さが良かったのか、持ち歩くにも薄くて軽いので気軽に持ち出していました。
DSやスイッチなどにくらべ、軽いしかさばらない??
これくらいのゲームのが、今思えばいいのかも。夢中になりすぎず、でも時間つぶしになる。
昔は良かったと、おもちゃ1つとっても思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です