バトル鉛筆

 

流行ったものは「バトル鉛筆」です!
「バトル鉛筆」とは、「ドラゴンクエスト」のモンスターがモチーフになっており六角形の鉛筆の6面にモンスターと「全員に10のダメージ」等の攻撃が書かれた鉛筆です。

遊び方は全員HP100の状態からスタートします。そして、順番に鉛筆を転がし転がして書かれている攻撃を、転がした人以外がうける、というものです。例えば「全員に10のダメージ」なら100-10=90というように転がした以外の人は全員90になります。そして、HPが0になったら負け、という遊びです。

しかし、攻撃だけでなく回復が出来たり、攻撃力が倍になる鉛筆キャップがありました。(この鉛筆キャップも六角形で各面に攻撃数が書かれています。しかしこの鉛筆キャップは特定の条件でなければ付けられないルールがありました)
更に、当時は大流行し太くて長い(30~40センチ位)最強のモンスターのものやバトル鉛筆を一色しまえる専用のケースもありました。

私の学校では男子がドラコンクエストのバトル鉛筆で遊んでいましたが、従兄弟の学校では休み時間になると男子はドラコンクエスト、女子はドンキーゴングのバトル鉛筆で遊んでいたそうです。
私もドンキーコングのバトル鉛筆を見た事がありましたが、ドラゴンクエストよりキャラクターが少なく(わたしは4、5種類しか見た記憶がありません。)、専用ケースや大きな鉛筆もありませんでした。
只、学校で「授業に集中しない」や「負けたら鉛筆を没収される、というルアーが広まった」事がきっかけで、私の学校ではブームが終わりました…。
ですが、「バトル鉛筆」は小さい頃の思い出の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です