無印のカラーペンブーム!!

小学生の頃、学校ではカラーペンを持ってくるのを禁止されていました。でも赤、黒、青だけは許されていました。その色のペンにどのブランドのペンを持ってくるかで盛り上がりが大いに違ったことを懐かしく思い出します。ゼブラのノックは一般的。パイロットも多数派。プライベートブラントとか、中にはあえての色鉛筆派も…。そして、人気だったのは…無印のカラーペン!

当時家の周りに無印はなく、無印=遠出した、とか都会(大きな街)に行った、というイメージでした。白とも透明とも言えないボディのペンが見えると「良いなあ!行ったの?」と羨ましかったのを覚えています。
両親は忙しくて、当時無印とかそんな店には連れて行ってくれず、文具についても色がついていればいい、近くの店で帰るなら尚いい、という感じでなかなか私は無印のペンを持てませんでした。

 

そんなとき姉の無印のペンのインクが出なくなり、捨てようとしていたところを「待って!」ともらいうけ、大事に筆箱の中に入れていました…。

 

頑張ってなんとか少しインクが出るようになった無印の赤ペンを、プリントの丸つけのときに筆箱から出して内心ニヤついていた幼い自分は思い出すと滑稽極まりないけど、まわりがみんなもっていたペンをやっと持てたという嬉しさが大きかったのです。
今ではコンビニエンスストアでも変える無印のカラーペン、姿を見るたびにほろ苦い気持ちになります。
ちなみに高校に上がったときには無印の半透明、六角形の7本入りカラーペン(こちらはマーカータイプのもの)が流行り、学生時代は無印に始まり無印に終わった感じでした…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です